神奈川エリアで電力自由化を考える

我が国においては、平成15年に電気事業法が改正され、法人に対する電力の供給が自由化されました。その後も段階的に電力の自由化が進められて、このたび、平成28年度より家庭向けの電力の供給も完全自由化されました。それによって、これまでは地域を管轄する電力会社からしか購入できなかった電力を、各家庭が自由に電力会社を選択することができるように変わりました。新しく電力業界に参入する事業者として、携帯電話事業者や、ガソリン関連の企業、太陽光発電などの再利用エネルギー関連の企業などが挙げられます。いずれの事業者も、各社の独自性を発揮しての電力供給プランを提案してきてきますので、神奈川県で電力自由化について検討している人は、是非この機会に正しい知識を身につけましょう。

電力自由化について理解しましょう

電力の小売完全自由化となって、まもなく一年が経過しようとしていますが、まだまだ認知度が低いと言わざるをえません。既存の電力会社の料金が勝手に下がったので、特に切り替えを検討せずにそのままにしているご家庭も多いのではないでしょうか。また、誤った認識によって電力自由化を活用できていない人もいます。誤解で多く聞かれるのが、電力会社を切り替えると今まで使っていた電線が使えなくなり新しく電線を設置しなければいけないというものですが、これまでのものをそのまま使えます。また、切り替えた先の電力会社が倒産した場合、電力の供給がストップしてしまうと思っている方もいますが、新しい電力会社が決まるまでの間は、東京電力が電力を供給してくれますので、こちらも心配ありません。

どこの事業者を選べばいいのでしょうか

それでは、神奈川県で電力会社を選ぶにはどうしたらいいでしょうか。神奈川県は、電気料金の高騰に対応するために、これまで公共施設の電力供給に新電力を積極的に活用してきていますので、電力の小売自由化の際にも多くの事業者が参入しました。ガス会社や携帯電話事業者、石油製品関連企業の他に、既に公共施設に対して電力供給している高圧や特別高圧の電力会社などです。各会社は、電力会社だけでなく自社の商品の価格をセットで値下げするなどして、独自性を発揮しています。例えば、携帯電話事業者ならば携帯電話料金の値引きを、石油製品関連企業ならばガソリン代の値引きを打ち出していますので、神奈川県で新しい事業者を選ぶには、まず一度家計の支出を整理してみて、各家庭に一番合った選択をされることを願っています。