神奈川で電力自由化を考えている人必見です

はじめに、平成15年に電気事業法が改正され、法人に対する電力供給の自由化が始まりました。その後も段階的に電力の自由化が進められて、このたび平成28年度より、各家庭に対する電力の供給が完全自由化されました。これまでは、地域を管轄する電力会社が独占してきましたが、これからは多様な事業者が電力産業に参入し、各家庭がその中から自由に事業者を選択することができます。電力自由化により、月々の支出を千円以上削減できた家庭もありますので、電力自由化を検討している方は是非お読みください。とは言っても、まだまだ認知度が低いと言わざるをえず、誤った認識を持った方も多くいます。電力自由化についての正しい認識を持ったうえで、家庭にとってベストな選択ができる手助けとなることを祈っています。

電力自由化を正しく理解しましょう

電力の小売が完全自由化されたからと言っても、すぐに切り替えをする人ばかりではありません。今まで使っていた電力会社が、勝手に料金を下げてきたのでそのまま継続している方や、誤った認識にもとに、電力の切り替えは面倒だと、そのままにしている方も多いのではないでしょうか。電力の自由化に対する誤解で多いものが、電力会社を切り替えることで既存の電線が使えなくなり、新たな電線を設置しなければならないと思っている方がいますが、これまでの電線を使っていただければいいです。また、切り替えた先の電力会社が倒産した場合に、電力供給がストップすると思っている方もいますが、新しい電力会社が決まるまでの間は、東京電力が電力を供給してくれますので、こちらも心配する必要はありません。

どの事業者を選択すればいいのでしょうか

神奈川県で新たに電力会社を見つける場合、どこを選べばいいでしょうか。元々神奈川県は、県の施設に対して積極的に新電力を活用してきた経緯がありますので、家庭への電力の自由化の際にも多くの事業者が参入しました。ガス会社や携帯電話事業者、石油製品関連企業、そして、既に公共施設への供給実績がある高圧や特別高圧の電力会社などです。各会社とも、自社の商品の価格をセットで値下げするなど特徴を打ち出しています。例えば、携帯電話事業者は、携帯電話料金を値引きし、ガソリン関連の企業は、ガソリン代を値引きするなど電気料金と抱き合わせで提供しています。更に来年からはガスの小売自由化も予定されていますので、神奈川県でどの事業者を選ぶことが自分にとって一番合っているのか、一度家計の支出を整理してみてはいかがでしょうか。