神奈川エリアの電力自由化の現状

平成15年に電気事業法が改正されて以来、我が国においては段階的に電力自由化が進められていますが、ついに平成28年度より電力の小売が完全自由化されました。これまでは、各家庭への電力の供給は管轄の電力会社が独占してきましたが、これから各家庭が自由に事業者を選択することができます。しかし、電力自由化については、まだまだ認知度が低いと言わざるをえず、誤った認識をされている方や、既存の電力会社の料金が勝手に値下げしてくれたから、とりあえずこのままでいいや、という家庭も多いのが現状です。これを機会に、電力自由化について正しい知識を身につけて、数ある参入事業者の中から自分に一番合った業者を選択し、家庭の出費が少しでも抑制できることを祈っています。

電力自由化について正しい知識を持ちましょう

電力の小売自由化については、まだまだ誤った認識をしている方も多くいます。多くの方が誤解しているものとして、電力会社を変更することで既存の電線が使えなくなり、新しい電線を設置するなどの面倒な手続きが発生する、というものがありますが、既存の電線がそのまま使えますので心配する必要はありません。また、切り替えた先の電力会社が倒産してしまった場合には、電力の供給が止められてしまうと心配している人もありますが、新しい電力会社が決まるまでは東京電力が電力を供給してくれますので、こちらも心配いりません。その他に、集合住宅にお住いの場合も、個人での契約となっている場合には電力会社を変更することができますので、まずはウェブサイト上でいくつかの電力会社の料金を試算するなどして検討を進めてみましょう。

どの事業者を選べばいいのでしょうか

では、神奈川県において電力を購入する場合、どの事業者を選べばいいでしょうか。神奈川県は、公共施設に対しての電力供給に、新電力を積極的に活用してきた実績がありますので、家庭への電力の自由化の際にも多くの事業者が参入しました。ガス会社や、携帯電話事業者、石油製品関連企業、そして神奈川県の施設に対しての供給実績がある高圧や特別高圧の電力会社など多数に及びます。電気料金だけでなく、自社の商品の価格をセットで値下げするなど、各会社とも特色を打ち出しています。例えば、ソフトバンクは携帯電話料金の値引きを、ガソリン関連の企業はガソリン代の値引きを抱き合わせで提供しています。まだ切り替えをしていない方は、一度家計の整理したうえでどの事業者が一番家庭に適しているのか見極めて、見直しに努めましょう。